ブログトップ > アーカイブ - 2014年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > アーカイブ - 2014年11月

[184日目]古宇利島サイクリング

こんにち!!








今日はまたしても起きて食べて寝て起きて食べて・・・



と見せかけて!!





古宇利島へサイクリングに行ってきました〜



このぐらいのサイクルでだらだらと行動を繰り返すのが1番充実感がある気がするぞ

よくわからんけど





184日目!





いちゃりばで9時半に起床



みんなバイト前でガヤガヤしていたので起きました

どうでもいいですけど、知らない女の子とすっごくいい感じになってる夢を見ていたので起きたら軽く落ち込みました





今日は特に何かする予定ではなかったのですが、なんだか予報が変わったようでかなり天気がいい!

昼過ぎくらいまでは持ちそうな感じだったので古宇利島へでも行くことにします



DSC_3386-2.jpg

とりあえず朝ごはん

今日は白菜ボイルとミートソース

タバスコを多めにかけていただきます


うまい!!!!!







そんでパッチだらけのチューブを新品に交換して、10時半頃出発します!


DSC_3389-2.jpg

今日は絶好調な青さ!!


だがしかし今日も絶好調な向かい風!

荷物ないのにしんどい・・・


DSC_3392-2.jpg

505号線をまっすぐ、古宇利島までは約20kmです


DSC_3394-2.jpg

だろ♪(ドヤァ


DSC_3393-2.jpg

今帰仁に突入!

ちなみに今帰仁城跡はまたの機会にとっておきます




ちなみにサイコンが最近反応しないっす

いつも走った距離を見ながらモチベ上げてるのに、走った距離も速度も分からないからやる気でない^q^



壊れたのかなぁ?

たまーに反応するんですけどね


今日で言えば約60km走ったうちで15kmくらいは反応してる


まぁいいや



DSC_3397-2.jpg

あとちょっとー


屋我地島へ突入してちょっと走るとー・・・


DSC_3399-2.jpg

おおおおおおお


古宇利大橋が見えてきた!!!

あのへん一帯が海の色がちがう!!



DSC_3403-2.jpg

うひゃー


DSC_3405-2.jpg

橋の手前にあった建物

略してちゅらてらってやつね

知ってる




しかし・・・




DSC_3407-2.jpg

ついに来ました古宇利大橋!!


以前旅行で来た時も行くつもりではあったんですけど、時間がなかったのと手前に瀬底島を発見してしまったので、ここも奇麗だしもういいやってなって行かなかったんですよねー



やっと来れた!

チャリで来た!!




早速下に降りてみます


DSC_3415-2.jpg

左アングル


DSC_3410-2.jpg

右アングル


いやぁほんま海きれいやなぁ〜^q^


DSC_3422-2.jpg

いざ、古宇利島へ向かいます!


DSC_3430-2.jpg

古宇利島側の海もかなりきれい!!


DSC_3433-2.jpg

島に上陸〜


DSC_3440-2.jpg

こっちの海もしっかりと堪能します


DSC_3448-2.jpg

ヨット気持ち良さそうだった



ここでのんびりするのも良かったんですが、いつ曇りだすかも分からないので島をぐるっと見てくることにします


DSC_3451-2.jpg

さっそく坂


まぁ橋から島を見た時点で予想はしてましたけどね!


空荷でもけっこうしんどい笑

鈍りまくってる


DSC_3452-2.jpg

途中気になるものを発見


DSC_3453-2.jpg

合間をぬって進んで行きます

が、こんな草むらだらけのとこでもしハブが出たらどうしようとびびって途中で引き返してきました笑






そして丁度島の反対側へ差し掛かるころ



DSC_3455-2.jpg

でました!

ハートロック、ティーノ浜


ここはすみちゃんがおすすめしていたスポットです



DSC_3456-2.jpg

駐車場まではわナンバーの車で溢れ溢れかえってました笑


まぁそりゃそうかー





ちなみに駐車場は300円と有料

金とるのかよ・・・


自転車も300円とられたらスルーしよと思って試しに入ったら、自転車は50円とのこと

一瞬悩みましたが、まぁ50円ならと思いビーチへ降りていきます



DSC_3457-2.jpg

テーヌ浜なのか、ティーノ浜なのか



そして少し歩くと見えてきました・・・



DSC_3458-2.jpg

カップルの群れが・・・


まー分かってましたよ、だってハートだもん


気にせず降りて行きます!



DSC_3460-2.jpg

この砂、めっちゃえぐれてる笑

普通に歩くだけでこんなに深くえぐれるんだなー



DSC_3459-2.jpg

手に取ってみると、なんだか丸い


初めて見ました




靴の中に砂が入りまくるので裸足で進んで行きます






はい

そしてこれが





DSC_3463-2.jpg

ハートロックです!

うーん、まぁハートっちゃハートかな


ウィルソン株のほうがハートハートしてたよ




DSC_3464-2.jpg

ひゃぁっつめたぃ〜☆


とか1人でやって楽しんでました

でもほんとに足だけでも海に入るとテンションが上がるもんなんです笑



DSC_3469-2.jpg

しばらくカップルや子連れをいいなぁ〜と思って眺めてました


ていうか天気はまだまだ悪くならなそう




このまま帰るのもなんか悔しかったので





DSC_3477-2.jpg

自撮りしてから帰ることに





帰りは島の反対側をぐるっと走って行きます!



DSC_3483-2.jpg

えーと、古宇利なんとかタワー笑


有料っぽかったのでスルーです








そして古宇利大橋を渡って帰るのですが、歩道は片側にしかないんですが、反対側の海のほうが奇麗なんですね

やっぱりこのままじゃ帰れないと思って、車が来ない時を見計らって車道側で自転車をパシャリ




DSC_3495-2.jpg

あれか、センスないな俺


なんか思ったように撮れない・・

まぁーいっか







そして帰りはぐるーっと58号線を通って本部に帰ります



DSC_3501-2.jpg

途中ざわわしてたり



DSC_3504-2.jpg

先生みたいな人がいたりしました



DSC_3505-2.jpg

名護市街まで戻ってきました




このへんで、どうせ沈没するから何か安いゲームでもないかなーと思ってリサイクルショップを物色笑

ハードオフみたいに充実してるお店はなかった



DSC_3506-2.jpg

この建物なんだろうって思って近づいてみたら市役所だった笑

奇抜なデザイン



DSC_3507-2.jpg

最初に本部に来る時にはスルーした豚


DSC_3508-2.jpg

21世紀の森


どこらへんが21世紀なのかも森なのかも分からない







そんで本部まであと10kmをきったくらいで



DSC_3511-2.jpg

パンク


うおおおおぉい!!

今朝新品のチューブに変えたばっかりなのに!!!




もしかしてと思ってタイヤをよく見てみると・・・



DSC_3512-2.jpg

やっぱりここの穴でした

熊本県あたりで気づいたこの穴


ここにガラスとかが刺さってパンクしたよう

あーもうこのタイヤも限界かな


とりあえずパッチ貼って出発します











そしたらその数km先でまた同じとこがパンク




あーもうだめだ!!笑


これ以上パッチ貼っても時間の無駄だしパッチの無駄遣いなので、歩いて5kmほど戻りました

そんでまたAMAZONで今度はタイヤを2本注文しておいた



もうこの際両方変えちゃう!


地味に出費がかさむなぁー・・





んで帰ってからかなり遅めの昼ごはん食べて、夜は五十嵐君が持ってきてくれた牛肉を頂きました(^ν^)



んでまた麻雀したりくだらない話をして2時頃就寝!





出費

食費:203円
飲費:41円
観光費:50円
雑費:260円
宿泊費:600円

合計:1154円


累計:502805円





走行データ

走行距離:58kmくらい

総走行距離:9749.85km




ブログランキングに参加しています
よかったらクリックしてください!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

profile

フミヤ

Author:フミヤ
年齢:25
血液型:B型
好きな動物:猫

せっかくなのでブログランキングに参加してみました
よかったらクリックしてください!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

Twitterやってます



リンクなどはご自由にどうぞ

category
entry
archive
comment
trackback
form
rss
link
qrcode
QR
copyright
Author by フミヤ

Designed by マンゴスチンw

フミヤの自転車日本一周!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。